オーダースーツサロン スーツカレッジ

貴方のこだわりを形にし、
最高のオーダースーツをご提案させていただきます。

営業時間 10:00~20:00 (定休日 木曜日)

  • オーダーの流れ

    • ◆ オーダースーツ

    • ◆ オーダーシャツ

    • ◆ デニムスーツ

    • ◆ アイテム

  • ブランド

  • ギャラリー

  • アクセス

  • お問い合わせ

ウェブマガジン

スーツの襟(ラペル)はどんな形がおすすめ?

スーツ豆知識


ジャケットの襟にはさまざまな種類があります。襟の違いによってスーツ全体の印象が変わるほど、その存在は重要です。

 

それぞれの襟の違いや特徴、着こなしのポイントについて理解しておくことで、スーツの着こなしの幅を広げられるでしょう。

 

 

ラペルの種類

 

・ノッチドラペル

ソース画像を表示

 

「ノッチ」とは英語で『V字型の切り込み』を意味します。

 

上襟と下襟の縫い合わせ部分が直線で、下襟がひし形の形状になっているのが「ノッチドラペル」の大きな特徴です。

 

最も一般的で、シングルのジャケットの多くに採用されているのがこの襟です。

 

ビジネスシーンにもカジュアルシーンにも対応可能で、オーソドックスな印象を持たれる襟型です。

 

 

・ピークドラペル

ソース画像を表示

 

ピーク」は『尖った部分』という意味を持ちます。

 

下襟の先端が斜め上向きに尖った形状である点が最大の特徴で、「ピークドラペル」はダブルスーツの襟としてよく採用されています。

 

優雅でドレッシーな雰囲気を醸し出すことが特徴で、フォーマルな場と相性が良いです。

 

 

・セミピークドラペル

ソース画像を表示

 

カラーとラペルの間隔が、ノッチドとピークの中間といった開き方になります。

 

ピークドラペルに比べて柔らかい印象を帯び、フォーマルな雰囲気とスタイリッシュな雰囲気を兼ね備えています。

 

ビジネスでもフォーマルでもシーン問わず着用しやすい、万能タイプの襟型です。

 

 

・セミノッチドラペル

ソース画像を表示

 

ノッチドラペルの変化版で、ノッチ部分が少し上がるのが特徴です。

 

ノッチドラペルと同様、落ち着いた印象ですので、ビジネスシーンで活躍する襟型です。

 

 

 襟の幅にもこだわりを

襟の幅に合わせたネクタイを選ぶのは、コーディネートを考える際の大切なポイントです。

 

・ワイドラペル

写真・図版

 

「ワイドラペル」とは、9.010.0cm程度の幅が広いラペルのことを言います。

 

安定感や信頼感といったイメージを漂わせ、クラシックな印象を与えます。

 

太いネクタイと合わせることで重厚感が演出でき、特に大柄な男性に似合いやすいデザインです。

なお、現在の主流となっているネクタイの幅は8~8.5cmほどです。

 

 

・ナローラペル

写真・図版

 

「ナローラペル」は細身のスーツによく見られる形状で、幅が8cm未満の幅が狭いラペルです。

 

ワイドラペルがクラシックな雰囲気に対して、ナローラペルは現代的な雰囲気を醸し出します。

 

 

まとめ

襟は、ジャケットの印象を大きく変える重要な部位です。

 

ご自身の体型やスーツのシルエットに相性の良い襟型をご提案させていただきます。

 


おすすめ記事
  • スーツのテカリについて ~ケアと予防~

    スーツのテカリについて ~ケアと予防~

    スーツ

    2022-11-29

  • 礼服(喪服)について

    礼服(喪服)について

    スーツ

    2022-10-19

  • スーツのケアやクリーニングについて

    スーツのケアやクリーニングについて

    スーツ豆知識

    2022-09-24

  • 知っておきたい革靴のマナー

    知っておきたい革靴のマナー

    シューズ

    2022-09-10

  • ステッチについて

    ステッチについて

    スーツ

    2022-08-28

  • 本切羽について

    本切羽について

    スーツ

    2022-08-24

カテゴリー