オーダースーツサロン スーツカレッジ

貴方のこだわりを形にし、
最高のオーダースーツをご提案させていただきます。

営業時間 10:00~21:00 (定休日 木曜日)

  • オーダーの流れ

    • ◆ オーダースーツ

    • ◆ オーダーシャツ

    • ◆ デニムスーツ

    • ◆ アイテム

  • ブランド

  • ギャラリー

  • アクセス

  • お問い合わせ

ウェブマガジン

男を上げるスーツマナー:シューズメンテナンス

シューズ


 

「足元を見る」という言葉の語源をご存知でしょうか。

 

はるか昔、旅人を相手に商売をしていた駕籠かき(かごかき)や馬方(うまかた)、それに宿屋の主人たちは、旅人の履物のすり減り具合を見て疲れ具合を判断し金額を要求していたそう。花街でも、よい下駄をはいているお客はお金持ちであるとして、下駄を見て代金を請求していたとか。

 

それほど靴というものは昔から人を見るのに重要視されてきたということなんですね。それは現代においてもさほど変わりはなく、ピシッと美しく手入れされた靴を履いている人はしっかりした人だという印象を持たれます。

 

いくら高級なスーツを着ていても、履いている靴が汚れていてヨレヨレでは台無し。ビジネスマンにとって印象は第一です!今回はスタイリングや印象を左右する、革靴のメンテナンスをマスターする方法をご紹介します!

 


出展:https://www.pinterest.jp

 

革靴を買ったらまずコレ!

革靴は毎日スーツとともにあなたを支える相棒。毎日歩き回った革靴がすり減り汚れていくのはある意味、仕方のないことです。革靴を購入したら、少しでも寿命を延ばすためにまずこれだけは揃えておきましょう!

 

 防水スプレー

何はともあれ用意していただきたいのが革靴用の防水スプレー。革靴を長持ちさせるのには、水や油をはじいて靴を守ってくれる防水スプレーは必需品です!

 

 シューキーパー

シューツリーとも呼ばれる、靴のシルエットを美しく保ってくれるアイテムです。

 

革靴は毎日履いているうちにつま先の部分が反り返ってしまったりと、型崩れや変形が起きやすいものです。家に帰ったらシューキーパーを装着することをクセ付けましょう!除湿や防カビ・消臭効果があるものもあります。

 

特に梅雨の季節など、高温多湿な日本のビジネスマンにとってはコチラも必需品です!

 


出展:https://www.pinterest.jp

 

 

長持ちさせる毎日のポイント

 必ず靴ベラを使用する

靴ベラを使わず無理に力を入れて足を靴に押し込むと、かかと部分などに負荷がかかり型崩れ・変形の大きな原因に。履くときは必ず靴ベラを使いましょう!

 

 一日履いた靴は休ませる

一日靴を履いていただけでも、なんとコップ一杯分もの汗をかいているそう。毎日履き続けるとその汗による湿気が完全に乾ききらないままになり、ムレやニオイの原因になってしまいます。

 

スーツと同じように一日はいたら一日休ませて、湿気がこもらないようにするのが長持ちの秘訣です。

 

 磨きすぎない

靴をキレイに保つために毎日磨いてブラッシングを・・・と言いたいところですが、とてもデリケートな革靴に毎日の靴磨きはNG。逆に靴を傷めてしまう結果になりかねません。

 

毎日のメンテナンスは、ホコリを落とすための軽いブラッシング程度にとどめておくのがベスト!

 


出展:https://www.pinterest.jp

 

自分でできるお手入れ方法

本格的なお手入れは週1~2回ほどで十分。汚れはしっかり落とし必要な栄養を与えることが革靴のメンテナンスには必要です。

 

用意するもの

シューキーパー・ブラシ・クロス・クリーナー・クリーム・防水スプレー

 

メンテナンスをしやすくするために、革靴にシューキーパーをセットしましょう。靴ひもは外しておきます。

 

靴の前から後ろへ向けてブラッシング。表面のホコリや汚れ・古くなったワックスなどを落としていきます。シワ部分や縫い目、そして意外と目立つかかと・ヒール部分もたんねんにブラッシングしましょう!

 

クリーナーをクロスに取り、靴全体に薄く伸ばすように塗っていきましょう。靴に直接クリーナーをつけるのはシミの原因になりますので絶対にNG!クロスに取る場合も、量が多すぎるとシミになってしまいますので、クリーナーの表示をよく確認しましょう!塗り終えたら、キレイなクロスで汚れを丁寧に拭き取ります。

 

革に栄養を与えツヤを出すために、靴と同じ系統の色のクリームを塗っていきます。クリーナーと同じように少量をクロスに取り、細かい部分まで丁寧に薄く延ばすように塗りましょう。もっとツヤや光沢が欲しい場合はこの後ツヤ出し専用のクリームを使います。ツヤ出しクリームがない場合は、最初のクリームが乾かないうちにクロスで磨き上げましょう!

 

仕上げにもう一度キレイなクロスたんねんに磨きをかけます。古くなったストッキングなどがあれば、より光沢がでるのでおススメ!

 

仕上げ磨きが終了後、汚れや水を防ぐ防水スプレーを全体に吹きかけます。全ての工程が終了後はシューキーパーをセットしたまま保管しましょう。

 


出展:https://www.pinterest.jp

 

まとめ

靴もスーツと同じように、一日はいたら休ませること・何足かをローテーションして履くのがベスト。そして毎日のメンテナンスは軽く、クリームなどを使った靴磨きは「やりすぎない」ことが、革靴を長持ちさせるためのポイントです!

 

靴のクリーナーやクリームは素材や色によってさまざまなので、靴と一緒にお店の方に相談して揃えておくと安心ですね。

 

革靴はしっかりとメンテナンスをして大切に履けば、10年たっても履き続けていけるものです。独特の風合いや光沢は長く履いた靴ならではの良さがありますよね!スーツと同様、良いものを長く使っていけるようにしっかりとメンテナンスしていきたいですね。


おすすめ記事
  • 「ウォームビズ」の基礎知識

    「ウォームビズ」の基礎知識

    スーツ

    2018-09-28

  • 生地ブランド紹介:HARRIS TWEED

    生地ブランド紹介:HARRIS TWEED

    スーツ豆知識

    2018-09-24

  • ツイードジャケットでワンランク上のスタイリングを

    ツイードジャケットでワンランク上のスタイリングを

    スーツ

    2018-09-14

  • 男を上げるスーツマナー:スマートな冬支度

    男を上げるスーツマナー:スマートな冬支度

    スーツマナー

    2018-09-10

  • 男を上げるスーツマナー:ネクタイピン考察

    男を上げるスーツマナー:ネクタイピン考察

    ネクタイ

    2018-08-30

  • 衣替えの季節。クリーニングのその前に!

    衣替えの季節。クリーニングのその前に!

カテゴリー